【習い事】と【起業】について

tama・たまごサポーターの原嶋由紀さん

フルート教室を開催しながら、フルーティスト(演奏家)や通訳として活動している

由紀さんだからこそ!の視点で【起業】について、書いてくれました。

***

【習い事】という言葉にずっと違和感かわあり、意味がわかりませんでした。

【習い事】を習うのではなく。

サッカーならサッカー。

ピアノならピアノ。

そろばんならそろばん。

スイミングなら水泳。

フルートならフルートを習うのですよねー。

「何かさてたくて」という理由でフルートのレッスンを始めさせる親御さんにも今まで何人か出会いましたが、長く続くケースはあまりありませんでした。

【起業】も然り。

【起業】したいからするのではなくて、何かしたいこと、できることがあって、それに対して対価を頂く。

それをシステム化して行くことが起業することだと思います。

システムだけあっても仕事にはなりません。

また、お相手の役に立つこともできないと思います。

自分のできることはなんなのか。

それがどんな風にお相手の力になれるのか。

それを明確にしていける講座だと思います。

***

由紀さんのブログはコチラ→◆

主婦のための起業塾 tama・たまご

=ビジネスを軸に自分を磨く=「自分を磨き」ながら 仕事、事業をレベルアップさせ仲間と共に「夢を叶える」場所、 主婦のための起業塾「tama・たまご」。